モデルルームによる空室対策

内見時にモデルルームを作ると入居者は部屋のイメージが付きやすくライバル物件と差別化しやすいです。

生活のあるようなベットを置く必要もなく観葉植物等 オシャレなお部屋にするだけで空室率は下がりやすくなります。

昨今ではイケアやニトリとローコストで家具も買える商業施設もあり

簡易モデルルームとして照明 小型のキャビネット 観葉植物 クッション ラグマット等を設置して

内見した方が部屋のイメージをプラスに繋がれば入居率も上がります。

空室を管理会社任せにするのではなく見せる部屋にするのもお勧めです。

 

PAGE TOP