空室を早く埋めるための募集条件の工夫について

新築時は賃借人に人気があるので家賃設定が相場より高くても早く埋まりますが
何年かが経過していくと必ず入居者の入替りの時期を迎えます。
この空室を早く埋める事が賃貸物件の場合キーポイントになってきます。
数カ月にも空室が及んでしまう場合、ローン支払いがあれば空室リスクは大きい痛手になります。
そうした空室を早く埋めるためには入居者募集にも工夫が必要になってきます。

※入居希望者からの家賃交渉には柔軟に対応する。

仮に10万円の家賃の場合に3ヶ月空室の場合30万円の損失となります。
入居希望者から3000円の値引き交渉が入った場合に気持ち的には他の方で決めたいところですが
2年の賃貸契約の場合2年×3000円としても7.2万円です。
入居者は2年住んだ場合次期更新の時に値上がりに承諾する確率は上がりますので
契約更新後には3000円の値上がりを記載する事も大切な事かと思います。

この時の契約は普通借家契約ではなく定期借家契約を結ぶことをお勧めします。

※ゼロゼロ物件にする。

引越し契約費用が家賃の5カ月~6カ月と言われますのが
初期費用をおさえる物件にすることで入居希望者は多くなります。
デメリットとしてはあまりにもお金の無い方を入居させることはリスクになりますが
保証会社の加入と普通借家契約ではない定期借家契約にする事で滞納リスクは軽減されます。

例えば以下のような募集条件
※敷金 ゼロ (退去時クリーニング代として契約時5万円もらいます)
※礼金 ゼロ

なぜにこのようなゼロゼロだと入居希望者が多く集まるのかについては
昨今はほぼポータルサイト経由から物件を探している方が多く
その検索条件にてこの敷金ゼロ 礼金ゼロ項目が必ずあるため初期費用をおさえたい引越しの方は多いので
おのずと物件の閲覧数は増え入居希望者が多くなる現状があります。

余談としてとにかく早く決めてほしい物件の貸主の場合
通常入居希望者が負担する保証会社 火災保険等初期費用にかかるすべての費用
さらには家賃1ヶ月分無料家賃(フリーレント)を貸主が負担する物件もございます。

※仲介会社に支払う広告料を上げる。

通常仲介会社に支払う広告料は1ヶ月ですがこれを2カ月以上にすることで
やはり不動産会社も営利組織であり売り上げが高くなる物件は必ず紹介していくものですので
早期に入居希望者が現れる確率は上がります。
また物件によってはディズニーランドペアチケット等の付帯商品を成約時に仲介会社に受け渡す物件もございます。

※退去申告を2カ月前にする。

通常多いのが1ヶ月前ですが2カ月前にすることで退去の情報を2カ月前に把握出来る事により
募集条件を余裕をもってすることが出来ます
4月退去申告の場合6月までは家賃が入ってきますので4月中に仮に入居希望者を見つけられれば
礼金ゼロ フリーレント1ヶ月にした場合でも通常の退去後の募集より持出しも少なくなりプレミア感も出せますので
2カ月前退去申告にはこうしたメリットがあります。

 

貸主の満額募集にて入居希望者が現れる事が最善ですが
物件によっては募集条件を工夫することで早期に入居希望者を見つける事も出来ます。

 

PAGE TOP