中古物件購入の際にも使える 住宅ローン控除

家を買うと10年間で最大400万円のお金が国から戻ってくる
通称 住宅ローン控除と言われる税金の制度があります。
詳細な規定は国税庁HP等にて↓↓↓

https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1213.htm

この制度が新築物件だけではなく中古物件にも適用出来ます。

ざっくり要件が以下になります。

※新築 中古 共通要件
◆床面積が50㎡以上
◆自ら居住すること
◆完成又は取得から6カ月以内に居住し その年の12月31日まで継続して居住すること
◆住宅ローンの借入期間が10年以上であること
◆控除を受ける年の所得が3000万以下であること

※中古 要件
◆耐火建築物(マンション等)は築25年以内の住宅であること
◆耐火建築物以外(木造等)は築20年以内の住宅であること

以上になりますが
築年数が超える物件だと適用されない訳ではなく以下どれかに該当した場合に適用されます。

※1981年6月(新耐震基準)以降の物件のみ
◆既存住宅瑕疵保険に加入
◆耐震基準適合証明書を取得する
◆住宅性能評価書(耐震等級1以上)の取得

瑕疵保険の加入は検査料もかかりますが
目的の物件が一定基準の条件を満たすかも事前に把握でき
保険に入っていれば雨漏りや構造の問題時に保証が効くので瑕疵保険加入はお勧めです。

 

PAGE TOP