3階以上のエレベータ設置無し物件は有りなのか?

建築基準法第34条
高さ31mを超える建築物(政令で定めるものを除く。)には、非常用の昇降機を設けなければならない。

上記規定から建物の高さが31mを超えるとエレベータの設置義務があります。
はしご車による消防活動は、一般的に10階程度が想定され
災時における高層階の消火活動を目的のため定められています。
おおよそ高さ31mの建物は7階~10階以上のマンションに該当します。

エレベータは概ね20年を過ぎたら大規模修繕となり総入れ替え等になった場合には
費用は1000万円かかることもあります。

また建築基準法12条により年に1回の定期検査も義務付けられております。
メンテナンスを怠ると重大な事故になるため建築基準法八条では以下も規定しております。

建築基準法第八条
建築物の所有者、管理者又は占有者は、その建築物の敷地、構造及び建築設備を常時適法な状態に維持するように努めなければならない。

任意規定より月1回程度の任意点検を実施している事が多いように感じます。

メンテナンスをしていても故障も想定されるリスクより
エレベータを入れる事で利回りが落ちるため物件購入時費用対効果を考えなくてはなりません。
5階建ての戸数が少ない物件であればエレベータが無い物件も数多くあります。

入居者が入らないのではないかとのリスクもございますが
最上階の家賃を下げる等の入居率をアップさせる対策が必要になりますが
私の経験から見てエレベータがないから

入居率が下がるということは無いように感じます。

 

PAGE TOP