失敗しない賃貸物件の内見時部屋チェック一覧

内見したい物件を絞っていざ内見の時に以下事項は大切なチェック事項になりますので是非参考下さい。
住んだ後に後悔が無いように事前に把握出来るようまとめました。
是非参考に下さい。

※直観

当たり前なのですが内見時入った時の直観が良いと住みたいお部屋では無いので、これが基本的で最も重要です。

※実際の部屋の広さの確認

図面上にて6帖と確認したが実際内見では明らかに6帖は無かったりと
又お部屋に梁が多いと狭く感じてしまうこともありますので実際に内見時確認するのは重要です。
天井が高ければ抜けて感じますので広く感じます。

※日当たり

南・・常に光が入ってきますので南向きが一番人気の方位となります。
東・・朝の光がメインの方位となります。
西・・午後の光がメインの方位となります。
北・・直射の光が入らない方位となります。

※窓からの眺望

南向きでも前に建物がある場合には日当たりが入らないので眺望の確認は重要になります。
又バルコニーを開けた場合のプライバシーがあるのかも確認出来ます。

※窓の数

1K 1Rですとバルコニーのみの窓になりますが、角部屋になりますと2面のお部屋が多くなります。
窓が多ければ空気の流れ 採光が共に良くなります。

※におい

長く部屋が空室の場合、排水管のU字の部分の水が蒸発してしまい下水の匂いが上がってきます。
日常で生活していくとU字の部分に再度水が溜りますので蓋となり匂いが収まります。

タバコ ペットの匂いが強い場合壁紙を交換した場合匂いが収まりますが
壁にまで匂いが付いてしまっている場合大幅なクリーニングになりますので確認が必要になります。

※空気の流れの確認

重に空気の流れが悪いとシューズボックス 収納 トイレ 浴室周辺にてカビが発生しやすいので
事前の確認は重要になります。

※天井のクロスの確認

バルコニー付近や お部屋の天井にシミがある場合には雨漏り等の疑いがありますので確認が必要になります。

※汚れ

部屋の汚れがある場合、クリーニングされるのか又現状渡しなのかの確認になります。

※エアコンの使用状況

エアコンンは基本的には交換されないものよりエアコンの使用状況またエアコン洗浄の有無の確認となります。

※電車 大通り沿いの場合等の騒音の確認

電車 大通りの沿いの場合グーグルマップにて確認出来ますが
実際に内見した時にどれほどの音が反響するのかの確認又は許容範囲なのかの確認になります。

※ゴミ捨て場 メールボックス 共有部分の状況確認

ゴミ捨て場等の共有部分は管理がしっかり行き届いているのか 又他の入居者の生活マナーが分かります。

※駐輪スペースの確認

駐輪スペースが無い場合各自の部屋の前に置いてある物件も多く自己責任で置いているのか等確認が必要になります。

※照明がついている部分の確認

入居後に購入する照明の確認となります。

※実際の収納 ドアの開き方

収納 ドアの開き方によっては家具の配置に困りますので内見時の開き方の確認は必要になります。

※洗濯機置き場 冷蔵庫 キッチン カーテン サイズの確認

※携帯電話の電波確認

半地下のお部屋ではまれに電波が届かないお部屋もございます。

※コンセントの数

※電気のアンペアの確認

アンペア数は入居後変更できます。

※シャワーの水圧

PAGE TOP